コニカC35 距離計の修理

Written by じび on 6月 6th, 2009

父から受け継いだコニカC35ですが、久々に取り出して動かしてみた所、距離計が正常に動きません。1〜5mまでは正常に動くのですが、5m〜無限大で動きません。とりあえず分解して調べてみました。

これが軍艦部です。シャッター巻き上げレバー、巻き戻しクランク、その下に隠れているネジを外せば軍艦部は外れます。シャッターボタンの所は外す必要はありません。というか外れません。
img_3593

今回、カニ目ネジを外すのに専用工具を作りました。ダイソーで買ったスナップリングプライヤの先を、カニ目の穴に入る細さまで金ヤスリで削ったものです。いままではピンセットとか、千枚通しとか使っていたのですが、失敗して思いっきり傷を付けたり、締め付けが甘くていつの間にか取れて無くなっていたりしていました。これを使うと何の苦労も無く簡単に取り外しが出来ました。あぁ、もっと早く作っておけば良かった。orz
img_3592

まず巻き上げレバーのカニ目を外します。
img_3594

後は工具無しで外れるので順番に外して行きます。
img_3595
img_3596
img_3597
img_3598

次に巻き戻しクランクを外します。写真を撮るのを忘れていましたが、カメラ内部の巻き戻しクランクの軸の割れ目にドライバーなどを差し込んで固定し、巻き戻しクランクを反時計回りに回すと外れます。この辺りは他のカメラでも同じ様ですね。

巻き戻しクランクの下に、プラスネジが隠れているので、これも外します。
img_3600

軍艦部が外れました。なお、フラッシュからの配線が付いたままなので、引っ張って切ったりしない様に気を付けます。配線にテンションが掛からない様、カメラの横に適当なケースを置いて、その上に裏返した軍艦部を置いておきました。
img_3601

距離計の上に黒い蓋がネジ2本で止まっているので、それを外します。
img_3602

次に距離計ユニットを外します。ネジ3本で止まっています。ここで問題が発生しました。一本のネジが錆びていて、そのまま回すとネジ穴が壊れそうなのです。ドライバーを当ててハンマーで叩いたりしたのですが、外れそうにありません。そこで他の2本を最初に外し、距離計をちょっとずつ左右に揺すったら、錆びたネジが緩んで、簡単に取外す事ができました。
img_3603

ピントリングから距離計へ一本の棒が突き出ています。ピントを1mにすると一番短くなります。
img_3607

ピントを無限大にすると一番長くなります。
img_3608

ピントを1mから無限大に動かしていくと、この棒が距離計の黒いアームを押し、黒いアームは金色のアームを押さえている所を引き、金色のアームはバネの力で戻る事により、二重像が動く様になっていました。
img_3605

今回の問題は、金色のアームのグリスが固くなって、黒いアームが離れても、金色のアームが途中で動かなくなっていたのが原因でした。

対処としては本来なら金色のアームを一度取外して、古いグリスを拭き取り、新しいグリスを塗るのが良いのですが、時間がなかったのと、距離計は非常に精密に出来ているので、ここを分解して元に戻す自信がなかったため、外側からミシン油を注油しました。しかし、付けすぎてシャッターまで垂れると、シャッターが動かなくなってしまうという問題があるので、付けすぎない様に注意しました。

これで距離計は無事に無限大までちゃんと動く様になりました。早速、フィルムを入れて試し撮りをしました。昨日、現像に出したので、どんなふうに写っているのか楽しみです。(^^)

 

3 Comments so far ↓

  1. じびき より:

    試し取りしてみた所、写真左側に光線漏れが出ていました。
    実は今回、モルトの交換も行ったのですが、それが失敗した様です。
    モルトの代わりにダイソーの書道用下敷きを使ったのですが、モルトと比べると弾力性がなく、裏蓋を閉める時も固くなったりしていたので、使う場所にも依りますが、モルトの代用品にはならないようです。
    ちゃんとしたモルトを買って、再度交換しようと思います。

    写真の写りは素晴らしいです。
    こんな小さなレンズなのに、精密で明るい描写が楽しめます。
    ファンが多いのもうなずける名機です。

  2. ufugi より:

    はじめまして。父から貰ったC35を分解修理したいと思っております。宜しかったら、ご指導頂けませんでしょうか?

    写真7枚目の巻き上げレバー軸の金具が外れないのですが、どの様にしたら良いのでしょうか?

    どうぞ、宜しくお願いいたします。

  3. じび より:

    はじめまして。
    写真7枚目の巻き上げレバー軸の金具というと、金色の部分でしょうか?
    うろ覚えなのですが、これは外れなかったと思います。
    この状態で上部カバーを外せたと思います。

Leave a Comment