KONICA C35

Written by じび on 1月 2nd, 2009
KONICA C35

KONICA C35

1968年発売のKONICA C35です。これも父から受け継いだカメラです。レンズシャッターのレンジファインダーで、「ジャーニーコニカ」の愛称で親しまれていました。その名の通り軽量、コンパクトなボディは、旅に持って行くのに最適です。

残念ながら、ピントと距離計がきちんと連動していないようで、ピントの合う位置がピントリングの数値とかなりずれています。また、露出計を内蔵しているのですが、電源が水銀電池なので現在では入手不可能により使えません。型番が判れば、変換アダプターがあるかも知れませんが。

時間があれば、ばらしてみたいのですが、直しても使うかどうか・・・
とりあえず今はひっそりと眠っています。

 

4 Comments so far ↓

  1. 良い物を持っていますね。
    これの黒い奴が会社の近くのリサイクルショップにありますが、
    電池が入れっぱなしで液漏れしています。

  2. じびき より:

    今回、撮影の為に出したら、中で電池が錆びていました。幸い本体にはサビの粉が付いている程度だったので、アルコールと綿棒できれいになりました。

  3. さすがですね。
    1000円ぐらいのジャンクを集めて再生して売ったりしたら、
    いいお小遣い稼ぎになるんじゃないですか?^^
    あ、それと使わないなら私がじゃんじゃん使いますよ!!

  4. じびき より:

    電池についてはMR44である事が判りました。同電池用のアダプターは関東カメラサービスから2,900円で発売されています。使用する電池はSR41WSです。

Leave a Comment