MacBook Air Mid-2011 バッテリー交換

Written by じび on 3月 12th, 2017

友達からMacBook Air Mid-2011を買いました。
ただバッテリーがへたっていて満充電でも1時間くらいしか持ちません。
そこでバッテリーを買って、自分で交換することにしました。

分解の参考にしたのは定番のiFixitのサイトです。
最近日本語化されて便利になりました。

今回買った交換用のバッテリーはSLODAというメーカーのもの。
バッテリーは当たり外れがあるので、信頼できそうで安いのを探すのですが、なかなか難しいですね。
最初、iFixitでMacBook Air 11″ (Mid 2011/Mid 2012) Batteryを買おうと思ったのですが、バッテリーは日本に送ってくれないでした。
なので、Amazonでそれなりの値段で評価も悪くないのを選びました。

まず、テーブルにタオルなどを敷いて、MacBookを裏返してして起きます。

裏蓋を開けたところです。
裏蓋を外すには、特殊工具のMacBookシリースで使われている星型のP5サイズのドライバーが必要です。
5年落ちなので、かなり汚れてますね。
この機会にホコリを払っておきます。
カメラ用のブロアーブラシを使いました。
特に空冷ファンの周りはホコリが詰まっているので、念入りに。

バッテリーの取り外しには、T5のトルクスドライバーが必要です。
こちらはホームセンターとかにも売ってますね。
バッテリーを取り外したところ、5箇所あるネジ穴のうち4箇所が割れていました。
過去に大きな衝撃を受けたのかもしれません。

ホコリも払い、新しいバッテリーに交換し、綺麗になりました。
バッテリーはプラスチック製のトレイにセルが貼り付けられている形状で、楽に交換できます。
このバッテリーは純正品とはセルの形が違いますね。

バッテリー交換後のシステムレポートです。
充放電回数が1回になってます。2ヶ月後に見たら3回でした。
ほとんどACアダプターにつないで使っていることが多いのでアレですが、何%まで減った後に充電したら1回になるのか不明です。
稼働時間は確実に伸びました。
ちゃんと時間を計っていなかったのですが、5時間くらいでした。

 

今年買って良かったモノ(2016年)

Written by じび on 12月 31st, 2016

10cm厚 ウレタンマットレス

以前、厚さ3〜4cmくらいのラテックスのマットレスを使っていたのですが、朝、背中が痛くて起きてしまうことがあり、辛かったです。ところが、厚さ10cmのウレタンマットレスに変えたら、ピタリと治りました。素材より厚みが大切だったようです。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones

通勤時に使っていたBluetooth接続のヘッドホンが壊れたため、新しいのを買いました。これのノイズキャンセリングはとても優秀で、在来線が新幹線並みの静けさになります。通勤電車の苦痛が減りました。

Apple Watch用 ミラネーゼループベルト

私のApple Watchのベルトはウレタンバンドだったのですが、通気性の良いミネラーゼループベルトに変えました。と言ってもApple純正は高価なので、これは安い類似品です。夏でも蒸れずに快適になりました。

Anker PowerCore 13000 (モバイルバッテリー)

前に使っていた小型のダンボーバッテリーは見た目は可愛いのですが、箱型の形状がどうにも使い勝手が悪い。なので平型大容量のこれを買いました。直後にポケモンGOがリリースされ、大活躍しました。

 

レモンスカッシュ

Written by じび on 7月 12th, 2016

IMG_3452

暑い日が続いています。
最近、レモンスカッシュに凝っています。
火照った体を冷やし、レモンのクエン酸が元気を与えてくれます。

レモンスカッシュの作り方

  1. 350mlくらいのグラスを用意。
  2. はちみつを小さじ1杯くらい。香りづけなのでお好みで。
  3. ガムシロップを大さじ2杯。
  4. レモン果汁を大さじ1杯。
  5. ハチミツが溶けるまでよく混ぜる。
  6. 氷をグラスに半分くらい入れる。
  7. 液体が冷えるように2〜3回混ぜる。
  8. 炭酸水をコップいっぱいまで注ぐ。
  9. コップの氷より下の方をゆっくり4回くらい混ぜる。
  10. コップ全体を縦に一回だけ混ぜる。
  11. 出来上がり

ガムシロップは砂糖と水から作ってます。
面倒なら市販のものでもOKです。

ガムシロップの作り方(220mlくらい)

  1. 300ml以上の耐熱グラスを用意。
  2. 水100mlを入れる。
  3. 砂糖150gを入れる。
  4. 電子レンジであったいお湯になるまで温める。
  5. 砂糖が溶けるまでゆっくり攪拌する。

 

消火栓

Written by じび on 7月 10th, 2016

IMG_3415

 

私の .exrc または .vimrc

Written by じび on 4月 14th, 2016

UNIXではviを使うことが多いです。
ただ、同じ環境でずっと使うよりも、あちこちの環境でちょこちょこ使うことが多く、.exrc(.vimrc)を設定せずにやってしまうこともしばしばです。
なので、知見がなかなか貯まらなかったのですが、ブログにまとめておくことにしました。

"行番号を表示
set number

"タブをスペース4個に設定
set tabstop=4
set shiftwidth=4
set expandtab

"改行時に自動的にインデント
set autoindent

"検索時、文頭と文末をまたがない
set nowrapscan

"長い行を省略せずに全部表示する
set display=lastline

"変換候補メニューの高さ(行)を指定
set pumheight=10

"対応する括弧に一瞬ジャンプする
set showmatch
set matchtime=1

これでインターネットにつながる環境なら、このブログからコピペして使えます。
まあ、仕事だとインターネットに繋がらない現場で作業することも多かったですが。